忍者ブログ

孤独な男の「食」の旅日誌。

毎度有難うございます♪
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アンケートです。
アンケートです。2
プロフィール
HN:
槙邑賢壱(まきむらけんいち)
年齢:
17
性別:
男性
誕生日:
1999/11/12
職業:
色々と。
趣味:
グルメ・写真・旅行・散策etc
自己紹介:
リンクフリーです。

画像(写真)はクリック、
拡大してお楽しみくださいね!

コメントはお気軽にどうぞ♪

mixiニックネーム:makko
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10685475

連絡先:
serius65@hotmail.com
最新コメント
[01/18 Arnoldwodielo]
[05/31 玄]
[11/06 ニートな管理人]
[08/16 薫]
[03/31 槙邑賢壱]
人気エントリーランキング
お店の検索に♪
リンク
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

槙邑賢壱です。


今回は、渋谷なんですが、
井の頭線の西口の目の前なんですね。

井の頭線の西口付近というのは、色々なお店が密集してまして、
焼き鳥屋は勿論、大衆割烹、天ぷら、焼肉、バー、等、
お値段も色々ではございますが....。

今回訪れましたのは、
渋谷で何処で呑めば良いか分からない人や、
中~大人数で盛り上がりたい方にも、
オススメの焼き鳥屋さんなんですね~。

では早速行ってみることにしましょう。


鳥竹

 

お店のロゴマークがちょっとお洒落で可愛いですね(笑)。

「ごめんくださーい。」
『はい、いらっしゃいませー。』

いつも元気な女将さんが迎えてくれます。

時間は遅めですが、
カウンターがギリギリ空いてましたね。

『お飲物は何にしますか?』
「えーと、中生で。」

『はい、中生いっちょーう!』

 

あー、生きてて良かった....(笑)。

お通しは里芋を煮たものですかな...
うん、これは美味い。

甘辛いお味で...里芋に良く染みてて、
こりゃビールが進みますね。


「すいません、ササミの酢味噌和えと...
焼き物でボンジリ、鳥肝、合鴨を塩で下さい。」

『はい、ちょっと待っててくださいね~。』


鳥竹さんは昼夜時間問わず、
いつも大勢のお客さんで盛り上がってるんですが、
特に夕方近くになりますと、
持ち帰りでお弁当を頼む主婦のお客さんもいて、
ちょっと面白いですね~...。


『はい、酢味噌和えお待ちどおさまです。』



お、こりゃまた豪華な酢味噌和えですなぁ...!

タップリの笹身に、刺身蒟蒻もありますねぇ...。
うん、これも美味いねぇ..。
酢味噌が笹身、青物、刺身蒟蒻に良く合って..
健康的な一品となってます。


『はい、合鴨、ぼんじり、鳥肝の塩ですね。』



鳥竹さんの焼き鳥は串ネタと言いますか、
これがとっても大きいんですよ。

ですから一人では3串でお腹が満杯状態になってしまうんですね。
何も知らずにいっぱい取ってしまうと、
大変なことになります(笑)。

まずはボンジリからやっつけるとしますか。

鳥の尻尾といいますか、お尻付近のお肉なんですが...
最も脂がのっている部分で、一口噛めば
とろける様な食感で、これがたまんないですなぁ....。

ボンジリは焼き鳥の王様です。


次は合鴨をやっつけましょう。

これもまた外はカリッとしていて、
中は柔らかくてジューシーですねぇ...。
お塩にしましたので、お肉のお味がフワァーっと..
何本でも食べれてしまいそうです。


最後に鳥肝です。
肝の独特な味ね、最近はレバーが嫌いな人も多いそうですけど、
私は大好きなんですよ、
刺しでも何にしても肝は美味いです。


お、と忘れるところでした。
鳥竹に来たら、
私はいつも最後に、ごはんものを頼むんですよ。

「すいません、親子丼お願いします。」
『はい、親子いっちょぉー!』



卵がちょっと半熟で、お肉がタップリと、
玉葱の甘味、お米の程よい量、
文句無しの親子丼ですね!

お新香、吸い物も付くのが嬉しいですね。


ご馳走様でした。



鳥竹総本店
渋谷区道玄坂1-6-1
03-3461-1627
11:45 - 01:30 (LO 01:00)
定休日:第2週月曜


----------------------------------------------------------------
えー、鳥竹総本店でした。

鳥竹は創業40数年ということで...
渋谷の数ある老舗焼き鳥屋の内の一軒なんですね。

いや~しかし、
京王井の頭線渋谷駅の西口を抜けると、
まず目に入るのが鳥竹さんの店頭なんですね~。

ガラス越しに見える
厨房と、そして焼き鳥を焼く匂いと煙が
まぁ寄ってけ、と良い感じに誘うんですね、これがまた。

1階のカウンター席では、各部位のお肉が置かれた
ガラスショーケースを眺めることができるのも、
面白いですね~。

現在の女将さんは2代目だそうですが、
お話も上手、仕事もとても早い方で、
これまた、美人さん。

それから板さんは数人いるのですが、
鰻や焼き鳥の焼き方から一品料理まで、
文句無しの旨さなんですよ。

お客さんも紳士淑女な方が多いのが良いですね。
団体さんも、楽しそうに飲んで、鍋料理を食べて、
笑顔で女将さんに挨拶して
お店を出る姿、良いですね~..。

次寄ったときは、
鳥の丸蒸しや、創業当時からやってらっしゃる
とり鍋」を是非頂くことにしましょう。


では、また。

 ブログパーツ

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
鳥をまるまる食べ尽くすなら....。
槙邑賢壱です。 今回は、渋谷なんですが、 井の頭線の西口の目の前なんですね。 井の頭線の西口付近というのは、色々なお店が密集してまして、 焼き鳥屋は勿論、大衆割烹、天ぷら、焼肉、バー、等、 お値段も色々ではございますが....。 今回訪れましたのは、 渋谷で何処で呑めば良いか分からない人や、 中~大人数で盛り上がりたい方にも、 オススメの焼き鳥屋さんなんですね~。 では早速行ってみることにしましょう。...
URL 2008/02/25(Mon)22:54:15
Designed by 桜花素材サイト