忍者ブログ

孤独な男の「食」の旅日誌。

毎度有難うございます♪
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アンケートです。
アンケートです。2
プロフィール
HN:
槙邑賢壱(まきむらけんいち)
年齢:
17
性別:
男性
誕生日:
1999/11/12
職業:
色々と。
趣味:
グルメ・写真・旅行・散策etc
自己紹介:
リンクフリーです。

画像(写真)はクリック、
拡大してお楽しみくださいね!

コメントはお気軽にどうぞ♪

mixiニックネーム:makko
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10685475

連絡先:
serius65@hotmail.com
最新コメント
[01/18 Arnoldwodielo]
[05/31 玄]
[11/06 ニートな管理人]
[08/16 薫]
[03/31 槙邑賢壱]
人気エントリーランキング
お店の検索に♪
リンク
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、槙邑賢壱です。


今回はですね、神保町なんですが...、



神保町は、古本や喫茶店、カレーや
学生向けの食堂、天ぷら屋等が結構有名ですよね。

 

私自身も神保町の古本屋さんには、
料亭や居酒屋小説、映画のプログラム等を、
たまに探しに来たりするんですよ。

数冊の古本を買って、
帰りに喫茶店で昔懐かしいナポリタンやオムライスでも良いし、
数ある名店の本格カレーを食べて帰るのも、
これまた楽しいんですよ。


さて今回訪れたのはですね、神保町駅の出口から
数秒ほどの位置にある、あるビアホールなんです。

早速行ってみましょう。


ランチョン

 
 

あ、ちょうどランチタイムの時間でしたか....何々...
1000円で肉・魚色々と食べられるんですね...。

「ごめんくださーい。」
『はい、いらっしゃいませ。』

わ、こりゃ凄い混んでますなぁ...。
さてと、何にしましょうかね。

「すいません、黒生下さい。」

とりあえず喉を潤さないといけませんね。
ランチタイムはビールもランチ価格になるので御得です。



あー、美味い....。

「すいません、今の時間ってランチメニューだけですか?」
『いえ、大丈夫ですよ。』
「それでは....ランチョン風ポテト料理とビーフパイお願いします。」


あー、しかしランチも美味しそうですなぁ....。
ライスも付いて...
ビアホールのランチメニューって結構ボリューム凄いんですよね。


『お待たせしました。』

 

あ、これは凄いですなぁ....。

作家の吉田健一氏の
ビーフシチューを手で食べたい』という我がままが、
この一品を生み出させた、ということらしいんですね。

私も手で食べてみたいと思います。
.......

結構熱いですね....あ、これは美味い!

バターの良い香りがする、
サックリとしたパイ生地の食感の後に、
濃厚なお味のビーフシチューが...
これは凄い一品ですねぇ...!!

シチューはお野菜、お肉しっかりと入っていて、
これは、絶品ですね。


『お待たせしました。』



おお、これがランチョン風ポテト料理ですか....。
なんだか凄いですねぇ。
構造的(笑)には
オニオングラタンスープのような感じでしょうか。


むむ....これは美味い!

海老はプリップリして味がしっかりと、
大きめのジャガイモの上には、
チーズが乗ってるんですよ。
チーズの濃厚な風味を感じつつ、
ジャガイモはホックリと柔らかくて....
そして、スープは
素材の旨味がしっかりとでていて、
文句無しの、一品ですね。


ご馳走様でした。



ランチョン
千代田区神田神保町1-6
03-3233-0866
平日 11:30 - 21:30 (LO 21:00)
土曜 11:30 - 20:30 (LO 20:00)
定休日 日曜日


----------------------------------------------------------
「ランチョン」でした。

こちらは、
創業は明治42年でして、
当初は洋食屋だったらしいのですが、
今では、立派なビアホールとなっています。

それにしても...
あのビーフパイは面白い一品でした。
手で食べれるビーフシチュー...
作家は本当に面白い事を考えるものですねぇ...。
売り切れるのが早い一品だそうで、今回は幸運でした。

それから、
あのポテト料理も、驚きの一品でしたね。
私は、ジャーマンポテトの様なものを想像したのですが...
海老やチーズを使った...
贅沢で、体も温まるポテト料理でしたね。

そしてビアホールですからね、
ビールも一味、違うんですね~これがまた。

で・す・が、
やはり一人ではなく、多人数で来なければ、
お料理の方も量が多い訳ですから、
一品でも結構お腹が一杯になってしまうんですね....。


お客さんは古くからの常連の方々が多く、
早い時間からやっていますから、
ここでちょっとした同窓会や待ち合わせ等、
何だか良いですね~...。

お店の方々も、忙しくとも、
お客さん一人一人に挨拶を忘れず、
厨房の方々も、
ランチタイムでも通常のお料理も作ってくれるのが
とても嬉しいですね。

次回は是非、数人で訪れて、
様々なお料理を味わってみたいと思います。

皆様も神保町にお立ち寄りの際は、
『ランチョン』に立ち寄り、
ビールを片手に、
「ビーフパイ」を味わってみては
如何でしょうか?

そして『ランチョン』という店の名の由来も.....。

では、また。

ブログパーツ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ちょいと明治時代にタイムスリップ (2/28 執筆完
どうも、槙邑賢壱です。 今回はですね、神保町なんですが...、 神保町は、古本や喫茶店、カレーや 学生向けの食堂、天ぷら屋等が結構有名ですよね。   私自身も神保町の古本屋さんには、 料亭や居酒屋小説、映画のプログラム等を、 たまに探しに来たりするんですよ。 数冊の古本を買って、 帰りに喫茶店で昔懐かしいナポリタンやオムライスでも良いし、 数ある名店の本格カレーを食べて帰るのも、 これまた楽しいんですよ。 さて今回訪れたのはで...
URL 2008/02/28(Thu)22:54:32
Designed by 桜花素材サイト