忍者ブログ

孤独な男の「食」の旅日誌。

毎度有難うございます♪
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アンケートです。
アンケートです。2
プロフィール
HN:
槙邑賢壱(まきむらけんいち)
年齢:
17
性別:
男性
誕生日:
1999/11/12
職業:
色々と。
趣味:
グルメ・写真・旅行・散策etc
自己紹介:
リンクフリーです。

画像(写真)はクリック、
拡大してお楽しみくださいね!

コメントはお気軽にどうぞ♪

mixiニックネーム:makko
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10685475

連絡先:
serius65@hotmail.com
最新コメント
[01/18 Arnoldwodielo]
[05/31 玄]
[11/06 ニートな管理人]
[08/16 薫]
[03/31 槙邑賢壱]
人気エントリーランキング
お店の検索に♪
リンク
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、槙邑賢壱だス。

いやー、まだまだ東京は雪が降って
さびーだなー。


さて今回は、おなじみの下落合だス。

目白通りから一本横丁にはるしがらすが、
お、あったべあったべ。

空気もひゃっけぇごとだし、
ぐぐど入って熱燗でぬぐだまるっとすっかぁ。


今回、やがになったお店はコチラなんだス。


五城の目

  

五城の目....、秋田の五城目町の事だべうか?

「おばんです~。」
『えぐきたなぁ~。』

おお、カウンター・お座敷、ほぼ満員だスな~。
オススメは、ボードに書かれてるス。

さぁて何にしよかな~。
「ただみ(白子)のポン酢和えと、牡蠣酢、
ドジョウの唐揚げ、そいがらお酒をお燗で、けれっす。」

 
  

お酒は秋田銘酒「新政」だス。

甘みがあってさわやかな味わいのお酒だスね。
あぁ....五臓六腑にしみわたるねぇ....。

あ、お通しは美味いだスね~...。
青物と油揚げの和え物ですけど、これでお酒がすすみます。



牡蠣大きいですなぁ~!

もみじおろしとポン酢でサッパリと、
でも牡蠣のお味もしっかりとして、
こりゃ美味すぎです!



こちらも
もみじおろしとポン酢でさっぱりと、
そいがら、だだみ(白子)の
とろけるような濃厚なお味で、
口の中は幸せ一杯♪



ドジョウが一匹ずつ、
丁寧にカラッと揚がっております。

これは美味いですねぇ..。
ドジョウのしっかりとした食感・苦味を感じつつ、
味付けも丁度良くて、お酒のつまみとして最高です。


「すいません、あと、わっぱ飯お願いします。」

 

わっぱ飯というのは、たしか新潟県の郷土料理だった気がするのですが、
秋田県近辺のお弁当でも『山菜わっぱ飯』や『峠のわっぱ飯』
というのがありましたっけなぁ..。

このわっぱ、というのはいわゆる杉のお弁当なんでしたっけねぇ..。

しかし...これはまた、すごい量ですなぁ...。

では、早速....。

アっツアツの
お米のもっちもちとした食感、お味に
鮭のほのかな塩味が合わさって...
幸せ...。

このお漬物は、
いぶりがっこと言いまして、
秋田県のお漬物なんですが、
燻製にしてから漬け込むんだそうです。


うん、パリッパリっとした食感で...
沢庵付けよりも食感が楽しいですね。

お味もどこか懐かしい甘辛いお味で、
燻製ですから香りも口に広がりますねぇ..。

久々に呑んだ後の〆を楽しんでしまいました。



五城の目
新宿区下落合3丁目15-25   
03-3915-1278
18:00 - 22:00
定休日 日・祝日

---------------------------------------------------------------------------
秋田料理『五城の目』でした。

ここはお刺身や煮魚などもあるのですが、
今回は予算の都合で諦めました(笑)。

秋田のお酒を楽しみつつ、
最初のお通しから、白子・牡蠣・ドジョウ、そしてわっぱ飯...

贅沢し過ぎと言われてしまいそうですが、
どれも本当に美味しい肴の数々でした。

コチラのお店は、
美人で立派な女将さんが数人いるのも面白いですね。
皆さん、お話もお上手で、
私はお箸の持ち方を一から教わってしまいました(笑)。

特に、一番年上のお方でしょうか。
チャッキチャキの秋田弁で、『いぶりがっこ』という名称も
このお方から教わりました。

お客さんも老若男女、遠方から来るお客さんもいて、
皆さん笑顔でお店を楽しんでいましたね。

此処も『いい酒・いい人・いい肴』(太田和彦)が揃う、
文句無しの良いお店でした。


次こそは、名物のきりたんぽ鍋を頂いてみたいと思います。


では、また。

ブログパーツ


それにしても秋田弁は難しい...。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
そこのおめさん、ちっと寄らねか?(2/17追加執筆
どうも、槙邑賢壱だス。 いやー、まだまだ東京は雪が降って さびーだなー。 さて今回は、おなじみの下落合だス。 目白通りから一本横丁にはるしがらすが、 お、あったべあったべ。 空気もひゃっけぇごとだし、 ぐぐど入って熱燗でぬぐだまるっとすっかぁ。 今回、やがになったお店はコチラなんだス。 ...
URL 2008/02/22(Fri)13:11:25
Designed by 桜花素材サイト