忍者ブログ

孤独な男の「食」の旅日誌。

毎度有難うございます♪
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アンケートです。
アンケートです。2
プロフィール
HN:
槙邑賢壱(まきむらけんいち)
年齢:
17
性別:
男性
誕生日:
1999/11/12
職業:
色々と。
趣味:
グルメ・写真・旅行・散策etc
自己紹介:
リンクフリーです。

画像(写真)はクリック、
拡大してお楽しみくださいね!

コメントはお気軽にどうぞ♪

mixiニックネーム:makko
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10685475

連絡先:
serius65@hotmail.com
最新コメント
[01/18 Arnoldwodielo]
[05/31 玄]
[11/06 ニートな管理人]
[08/16 薫]
[03/31 槙邑賢壱]
人気エントリーランキング
お店の検索に♪
リンク
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、槙邑賢壱です。

六本木は様々な国の人々が集まる地域として知られており、
レストランも様々なジャンルが揃ってますね。

  

六本木ヒルズやミッドタウンといった施設内で食べるのも良し、
通好みのお店が集まる、芋洗坂をはじめ、
六本木という場所は~丁目関係なく、
優れたお店が多いですね。

まぁ、私は某大型施設はあまり好きではないのですが。

今回は赤坂に近い、六本木2丁目の、
ある天ぷら屋を訪れてみました。

六本木通りから一本横路地にあるお店だったのですが..
路地入り口は派手目な大型韓国料理屋だったので...
付近も期待していなかったのですが
良いお店を見つけてしまいました(笑)。


では、どうぞ。


天ぷら・旬料理 よこ井

  
  

ん?浅草「三祐」より....。
三祐といえば、たしか
浅草の天ぷら屋「三定」の店主の弟さんが
やってた天ぷら屋でしたっけねぇ...。

とりあえず入りましょう。


「ごめんくださーい。」
『いらっしゃいませー。』

カウンター席にテーブル席にお座敷....。
コレ全部ご主人一人でやっているのか....凄いですなぁ..。

 

「えーっと、かき揚げ丼お願いします。」
『はい、かき揚げね。』

やっぱり店主の調理姿がよく見れる
カウンター席は良いですね...。
だから私は2人以上でお食事とかは行きたくないんですよ..
特にお昼は。

この天ぷらを揚げる音を真近で聴く事ができるのが
あぁもう、幸せ..。


先に出されたお漬物を先に頂くとしましょう。


(↑my利休箸)

うん、良い感じの浅漬け。
お酒が欲しくなります。


『はい、おまちどお様、かき揚げ大きく揚げましたからね。』

わぁ、本当に大きいですなぁ...早速頂きます。

 

お、汁物は赤出汁ですかぁ....!
これも嬉しいですなぁ...。

この揚げたてのかき揚げに濃い目で甘めのタレね。

まさしく江戸っ子の為の江戸前風天丼(笑)。


私は頑固なので、どんな店に行こうが、誰といようが、
残念ながら、お蕎麦と丼飯はお行儀良く食べることは
絶対致しません(笑)。

ガッと丼を持ち、江戸っ子らしく(?)
勢い良く口に運びます...。

・・・・・・・
甘めのタレが良く染み込んだかき揚げに白飯....
そしてタップリと入ったプリッとした、
かき揚げの海老と烏賊の食感ね..。
もう、手が止まりませんなぁ。


赤出汁香り良い青海苔と、お豆腐が入ってます。
赤出汁は良い出汁で、塩分控えめで
これまた美味いねぇ...。


お、と時間は昼過ぎ..
サラリーマンの方々で混んで来ましたね。
そろそろ腰を上げましょうか。

「ご馳走様でした。」
『毎度ありがとうございます!』



天ぷら・旬料理 よこ井
港区六本木2-1-16
03-5573-4513 
11:30-13:30  
17:30-21:30
定休日 土日祝(予約すれば営業)

-------------------------------------------------------------------------------------
えー...「よこ井」でした。
六本木に、私の中の名店がまた1つ増えました。


あの大きいかき揚げ、美味しかったなぁ...。

よこ井のご主人はとても気さくな人で、
目が優しい、笑顔が素敵で
面白い人でしたねぇ..。

忙しいだろう、と思ったのでお断りしたのですが....
最後に私のマイ箸を洗ってあげようか、と
声を掛けてもらっちゃいまして、
本当に腰が低くて、良い人なんだなぁと思いました。

でも、調理の時の目つきは、流石は料理人でしたなぁ。

次回は季節が終わる前に「まぐろ漬け丼」を
食べに行きましょ。


では、また。

ブログパーツ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
大きなかき揚げは江戸っ子の味
どうも、槙邑賢壱です。 六本木は様々な国の人々が集まる地域として知られており、 レストランも様々なジャンルが揃ってますね。    六本木ヒルズやミッドタウンといった施設内で食べるのも良し、 通好みのお店が集まる、芋洗坂をはじめ、 六本木という場所は~丁目関係なく、 優れたお店が多いですね。 まぁ、私は某大型施設はあまり好きではないのですが。 今回は赤坂に近い、六本木2丁目の、 ある天ぷら屋を訪れてみました。 六本木通りから一本横路地に...
URL 2008/02/22(Fri)13:08:00
Designed by 桜花素材サイト