忍者ブログ

孤独な男の「食」の旅日誌。

毎度有難うございます♪
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アンケートです。
アンケートです。2
プロフィール
HN:
槙邑賢壱(まきむらけんいち)
年齢:
17
性別:
男性
誕生日:
1999/11/12
職業:
色々と。
趣味:
グルメ・写真・旅行・散策etc
自己紹介:
リンクフリーです。

画像(写真)はクリック、
拡大してお楽しみくださいね!

コメントはお気軽にどうぞ♪

mixiニックネーム:makko
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10685475

連絡先:
serius65@hotmail.com
最新コメント
[01/18 Arnoldwodielo]
[05/31 玄]
[11/06 ニートな管理人]
[08/16 薫]
[03/31 槙邑賢壱]
人気エントリーランキング
お店の検索に♪
リンク
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうもこんばんは、槙邑賢壱です。

またまた渋谷の百軒店です。

今回のお店はですね.....恐らく百軒店に初めて足を踏み入れる人にとっては、
結構見つけ辛いお店かもしれません。

あ、勿論看板はあるのですが、私自身は入り口が何処なのか最初迷いました(笑)。

そこは、元々は屋台で行っていたお店でしたので、
お客さんの多くもその常連さんが多い、とのことらしいのですが......

今は遅い時間ですが、入れますかな.....外からじゃ見えないんですよね..。


えー.....今回はコチラのお店です.......。


「おでん・めし処 飯田屋」

 

ね?入り口が奥にあるのですが、これが良いんですよ。
周りの喧騒を感じさせない、といいますか。
何か、こう.....他人の家にお邪魔するような感覚なんですよね~....。

さて、では入ってみましょうか。


「どうも、こんばんは~。」
『あ、どうも~..。どうぞどうぞ。』

おかあさんは相変わらず元気そうですねぇ。

こちら「飯田屋」さんには、これで2度目の来店なんですけれど
いやーやっぱり何度来ても落ち着くお店なんですよね~....。
居心地がとても良いんです。

此処のおかあさんは非常に気さくな人で、お話も面白いんですよ。
初めてのお客さんでも色々とお話させてもらえるのが、非常に嬉しいですね。

で、私なんかみたいな若輩者を、常連さんに紹介とかしてくれて....
このおかげで色々な方々とご挨拶、会話を楽しみさせてもらっているんです。

あ、それにしてもイイ感じにおでんが煮だってますね~......。

ここのおでんに勝るおでんは渋谷区にはありませんよ、本当に....。


『それじゃあお飲物は何にする?』
「あ、じゃあ....まずはビールお願いします.。」


こちらの瓶ビールは、冷蔵庫で冷やしているのではなく、

氷を入れたクーラーボックスに入れてあるんですね、
だから他の店よりも一段違うんですねぇ。

うん、美味い。


おや....今回のお通しはマカロニサラダですか。


うん、美味い。
マヨネーズもあっさりしていて、これは実に美味い
上品なマカロニサラダですね。



さて、一品目は何にしましょうかね.....。

「すいません、煮込みもらえますか?」 
『はい、煮込みね。』

昨年、来店時にお隣さんから
「ここの煮込みを食べたら、他店のは食べれないからね。」
と言われたのを憶えているんでね、これは楽しみですね。

お、きましたきました



わ.....これは白味噌タイプなのか...いや、余計な詮索は辞めておきましょう。
ではまず一口.....。

うん!美味い!葱の辛味を舌と鼻で感じつつ.....。

モツは丁寧に脂を切り落とされており、さっぱりと....。
そして旨味を感じることができますなぁ...。
そして、この煮込み汁とまた合いますねぇ。

驚きましたのは蒟蒻ですねぇ
こんな美味い蒟蒻初めてですよ

噛んだ瞬間、簡単に噛み切れてしまう蒟蒻は
私は初めてです

うん、たしかにこれは他店では味わえないなぁ......。

温まりますし、実に美味い。



さてさて、お次は飯田屋さんの「おでん」をいただくことにしましょーか。

「すいません、大根とがんも、もらえますか?」
『はい、小がんもだけどいい?」
「あ、はい。」

へー、小がんもって初めてですね....



うん、ここのおでんの出汁は、

まさしく黄金の出汁ですよこりゃ....。

ホント、透き通った琥珀色っていうんですかね、この色はたまりませんなぁ..!

早速いただきましょう。

まずはおでんの主役、「大根」から一口.......。

うん、こりゃあ美味い!、味が染みてますなぁ.....。
大根の味と、出汁がまた....イイ感じですねぇ...。


うん、小がんもってのも何だか見た目は
一口サイズのシュークリームみたいで可愛いですなぁ。

これは一口で。

うん、あ、なるほどなるほど、普通のがんもと、ちょっと違いますね。

がんもの風味と、
染み込んだ「ダシ」が
一気に口の中にパーッと広がりますねぇ~....


これは美味過ぎですぞ!


さて、ここで飯田屋名物のアレ、呑みましょうかね。

「すいません、焼酎のおでん割、お願いできますか?」

これはね~....、何だか
バーのオリジナルカクテルのような感じなのですが(笑)、

常連さんの間では飯田割りと呼ばれているんですけれどね。

これが、一度呑んだらはまっちゃうんだよな~...。



この、綺麗な琥珀色がまた美味そうでしょう...?

うん、温まるし、ダシの風味と焼酎との
コラポレーションがたまんないんですよ、また。

焼酎をおでんの出し汁で割ったものなんですけどね

ここのおでんの出し汁じゃなきゃ、駄目なんですよ。


おかあさんからのサービスの「塩辛」も進みます。



うん、美味いなぁ.....。


居心地良いけど.....そろそろ腰上げなきゃなぁ....。


「すいません、お勘定お願いします」
『1795円ね。』

「ご馳走様でした。お先、失礼致します。」



おでん・飯処 飯田屋
渋谷区道玄坂2-20-7 多賀ビル102
03-3461-6070
営業時間:18:30(?)-未確認
定休日:未確認

--------------------------------------------------------

えー、「飯田屋」でした。

今回、実は、
初対面のある一人のご常連さんから
ちょっとご馳走になってしまいましたので、
結構お安く済ませることができちゃったんですが.....。


渋谷でおでんといえば、でこのお店を知らないのは、モグリですね。


ここのお店の特徴は、
やはりおかあさんの、
そして、常連さん達の温かい人柄です。

ですからお店はすごく居心地が良いんです。
帰りたくないなぁ、て思ってしまう。

そして、手作りの料理の数々.....。
お通し、おでんから何まで、美味いんですね、また。

それらの料理と共に、
名物・おでん割「飯田割」を呑む.....、
これは絶対「飯田屋」でしかできませんね。

入った瞬間、次はいつ来ようかな?、そういうことも考えてしまうお店です。

皆さんも是非、渋谷にお立ち寄りの際は、
訪ねてみては如何でしょうか?


さて......うわ、.....外はちょっと寒いですね....。
早足で帰るとしますか。

では、また。

ブログパーツ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
渋谷であるかを忘れ おでんを食す
どうもこんばんは、槙邑賢壱です。 またまた渋谷の百軒店です。 今回のお店はですね.....恐らく百軒店に初めて足を踏み入れる人にとっては、 結構見つけ辛いお店かもしれません。 あ、勿論看板はあるのですが、私自身は入り口が何処なのか最初迷いました(笑)。 そこは、元々は屋台で行っていたお店でしたので、 お客さんの多くもその常連さんが多い、とのことらしいのですが...... 今は遅い時間ですが、入れますかな.....外からじゃ見えないんですよね..。 えー.......
URL 2008/01/21(Mon)12:08:41
Designed by 桜花素材サイト